高血圧と運動不足

高血圧になる理由は運動不足が一番の原因!?

高血圧になる理由は運動不足が
一番の原因だと思っていませんか?

 

 

 

運動不足の人に高血圧が多いには
いくつか原因があるのです。

 

 

例えば、運動不足になってしまうとカロリーを
消費する事ができないため「肥満」に
なってしまうかもしれません。

 

 

ご存知の通り、肥満になってしまうと
血管が脂肪などで圧迫されてしまうため
血圧の循環が悪くなります。

 

 

血液を循環させるために心臓が血圧を
高める必要があるのです。

 

 

その結果、血圧が高くなります。

 

 

さらに、運動不足だと身体が硬くなり
筋肉も同じように影響を受けてしまいます。

 

 

筋肉は、血液を循環させるための
ポンプの役割も持っています。

 

 

そんな筋肉が硬くなってしまうと、効率よく
血液を流す事ができなくなってしまうため
血圧を上げる必要があります。

 

 

 

高血圧を改善する運動というのは、普段から
慣れない辛い運動とイメージする人も
いるかもしれません。

 

 

でも、安心してくださいね。

 

 

自宅で1日5分のストレッチで高血圧を
改善できる運動もあるのです。

 

 

運動不足は解消できないかもしれませんが、
血液の循環に必要な柔軟性と筋肉の硬さは
解消できるはずです。

 

 

その高血圧のために考案されたストレッチを
紹介していますので、興味のある方はご覧ください。

 

 

 

↓ ↓ ↓ ↓

 

 

【血圧を下げるストレッチの詳細】

 

 

 

 

加齢が原因で高血圧になる!?

 

確かに加齢によって自然に動脈硬化になり、
高血圧になるというのは間違いではありません。

 

 

ですが、
加齢だけが原因で高血圧になるわけではないです。

 

 

実際は高齢になる前から
かなりの人が高血圧になっています。

 

 

では、実際にどういう事が原因で高血圧に
なっているのかというと、それは運動不足が
原因で高血圧になっている事が多いのです。

 

 

どうして運動不足が原因で高血圧に
なるのかというと、体を動かしていないと若くても
動脈硬化になりやすいからです。

 

 

特に若いうちは脂物を多く食べたいと思うので
血管内に付着して血管を劣化させてしまって
動脈硬化か起きます。

 

 

ですが、それも運動不足にならないように日頃から
注意していれば、かなり高い確率で高血圧も
回避できます。

 

 

それはどうしてかというと、運動をしていれば脂物を
多く食べていてもそれが血管の中で付着する事なく
消費されるからです。

 

 

もちろん、
いくら運動をしてもそれ以上に食べていたら
動脈硬化を起こしてしまって高血圧になります。

 

 

ですが、ある程度の脂物を食べていても
運動不足の状態になっていなければ
高血圧もかなり回避できるのです。

 

 

運動と言っても、ある程度体が汗をかく
くらいの強度は必要になってきます。

 

 

そうしないと、いくら運動をしても思ったように
高血圧の状態は改善されないです。

 

 

と言いたいところですが、
1日たった数分のストレッチで血圧を下げる方法
ありますので興味のある方はどうぞご覧ください。

 

 

では、具体的にどういう運動をすれば運動不足に
ならないのかというと、1日最低でも1時間は
早歩きで外を歩くくらいの事をしないとダメです。

 

 

そうしないと、汗をかくくらいの運動はできないので
結局運動不足の状態は回避できないです。

 

 

これは若い人が特にそうですが、ある程度の高齢の人も
運動不足の状態を解消できれば加齢以外の原因で
起きる動脈硬化を防いで高血圧にならないで済みます。

 

 

どうしても高血圧の方は、運動後の疲労感が
かなりキツイと感じているかもしれません。

 

 

もちろん、高血圧を患っている人は強度の
運動はしてはいけません。

 

 

でも、何も運動をしていないと病状がさらに
悪化してしまいます。

 

 

だから、ウォーキングや自宅でのストレッチから
体を動かす習慣をつける必要があります。

 

 

そして、慣れてきたら少しずつ運動内容を
見直し、高血圧に効果が期待できる運動を
することをおすすめします。

 

 

高血圧と診断された場合は、
適度な運動を開始してみてはいかがでしょうか。