高血圧の運動の強度

高血圧の運動はどれくらいの強度がおすすめ!?

高血圧の運動はどれくらいの強度がおすすめか
ご存知でしょうか?

 

高血圧を下げる運動を一生懸命頑張っても
強度を過ぎていては体に負担がかかってしまう
かもしれません。

 

なるべく、運動の強度を守って高血圧を
下げたいですね。

 

高血圧の治療の基本は運動療法と
食事療法です。

 

高血圧の方が運動を行うことで血管内非機能が
回復し、高血圧の改善が期待できます。

 

しかし、激しい運動は血圧を高めてしまうので
運動強度をどれくらいにするかが大切です。

 

では、高血圧の方はどれくらいの強度で
運動をしたらいいのでしょうか。

 

低強度・中程度の運動は収縮期血圧の上昇が
少ないのに対し、高強度の運動では血圧が顕著に
高くなります。

 

そのため、低強度や中程度の運動がおすすめです。

 

高強度の運動をして反って高血圧に悪影響を
与える危険があるので、運動強度に気をつけましょう。

 

中強度の運動とは、心拍数が1分間に100〜120程度、
最大酸素摂取量が50%程度のものをいいます。

 

人によって心拍数の上がり方は違いますが、
ウォーキング、水中歩行、自転車などがそうです。

 

高血圧の改善には有酸素運動が有効だと
いわれています。

 

有酸素運動とは、酸素を使って糖や脂肪を
エネルギーに変える運動のことです。

 

ウォーキングや自転車なども有酸素運動です。

 

高血圧の改善のために運動を行う場合、2日1度、
出来れば毎日行いましょう。

 

1日30分以上が目安です。

 

30分連続して運動をするのではなく、
10分を3回といったやり方でもよいです。

 

しかし、運動習慣がなかった方がいきなり運動を
始めると体の負担になります。

 

そのため、運動習慣がなかった場合は、掃除機かけ、
洗濯、子供と遊ぶ、近所への買い物は徒歩や
自転車を利用するなどから始めてみましょう。

 

体を徐々に慣らし、
次第に運動時間を増やすようにします。

 

また、運動をする前には準備運動をしっかりと
行ってください。

 

準備運動をせずに運動をすると、ひざや腰などを
傷める心配があります。

 

運動後は軽いストレッチを行いましょう。

 

ストレッチをしておくと筋肉疲労を和らげることができ、
怪我の防止にもなります。

 

ただ、1日5分で高血圧を下げる効果が
期待できるストレッチがありますので、
興味のある人は試してみるのも良いかもしれません。

 

虚血性心疾患や心不全などがないことも
確認をしてください。

 

通院をしている方は、必ず医師に相談をしましょう。