高血圧は運動不足が関係

高血圧は運動不足が関係している!?

高血圧と運動不足は関係が
あると思いますか?

 

高血圧,運動不足,関係

 

もしかしたら、血圧が高いという事は
普段から運動をしていないせいだと
感じている人も多いのではないでしょうか。

 

 

さらに、病院で運動について指摘された
かもしれません。

 

 

まず、簡単に説明させていただきますと
やはり高血圧と運動不足は関係が
深いと思います。

 

 

なぜなら、運動不足の人には
肥満多型が多いのではないでしょうか。

 

 

もちろん、全ての高血圧の人に言える
事ではありません。

 

 

運動不足の人が肥満になる確率は
高いと思います。

 

 

そして、肥満の人は血管を脂肪で圧迫
してしまうため、心臓から血液を体中に
循環させる力が必要になります。

 

 

血圧が高くなってしまうという事ですね。

 

 

次に、
運動をすることで心肺機能が強化され
血液を送り出す力がアップします。

 

 

つまり、安定した血圧を
保つことができるのです。

 

 

これら2つの理由を考えただけでも、運動不足と
高血圧は関係していると言えるのではないでしょうか。

 

 

ただ、理由は理解できたけど
いきなり慣れない運動をするのはちょっと・・・
という方もいるかもしれません。

 

 

そんな方には、自宅で5分するだけで
血圧を下げる方法を紹介していますので
興味のある方は

 

 

↓ ↓ ↓

 

【簡単ストレッチで血圧を下げる方法】

 

 

で紹介していますので良かったらご覧ください。

 

 

日々の運動と対処法とは!?

 

日々の運動不足が関係して起こる危険な
高血圧と対処法を紹介しています。

 

塩分の摂りすぎや血管の老化といった、高血圧の症状を
引き起こす原因の一つに、運動不足も数えられます。

 

座り仕事が多い人や、インドア派の人は、運動不足が関係しての
高血圧を発症してしまわないように、日々の生活のスタイルを
整えていくことが大切です。

 

運動不足で高血圧の症状が出てしまう大きな要因として、
循環器や心肺機能の関係が挙げられます。

 

血を作り運ぶ心臓や、空気を取り入れて体中に
酸素を運ぶ役割を担う肺や血管の力は、
正常な血圧を保つために欠かすことができません。

 

運動不足が関係して、血の巡りが悪くなれば、
心臓はより大きな圧力で血を全身に送らねばならなくなり、
高血圧の状態は作り出されることになります。

 

体が正常な圧力で血を流せない時に、引き起こされる
高血圧が運動不足の時にも表れるのは、心肺の機能は
もとより体を長時間動かさずにいることで、筋肉や毛細血管が
固まり直接的に正しい流れにストップをかけてしまうからだと言われます。

 

速やかに血液の循環が行われるように、酸素を取り入れつつの、
息を乱さない程度のストレッチやウォーキングを、日常生活の中に
取り入れていきましょう。

 

またもう一つ高血圧と運動不足の関係を密接にする要素としては、
肥満があります。

 

運動不足に関係して起こるカロリー過多な状態は、
血や血管の健康にとって大層よろしくありません。

 

血液量を増やし、血管を収縮させと、脂肪が豊富についた体が
血の正しい循環をことごとく邪魔する結果、血圧は上昇せざるを
得なくなります。

 

肥満による高血圧を予防するべく、運動不足の解消を
目指していきましょう。

 

車を使わずエレベーターを使わず、歩行をメインの
移動手段とするだけでも、一日の運動量を
増やしていくことができます。

 

理想の運動量は、摂取カロリーの量に比例して
決まりますから、体をなかなか動かせる環境にないという
場合には、食事の内容に気を付けてみるのもいいでしょう。

 

脂肪の多い揚げ物関係を控えたり、糖分の多い甘いものや
おやつの関係を食す機会を、少しばかり減らすことで、
必要な運動量も減らせます。

 

あと、簡単なストレッチも高血圧には良いので
興味のある方はご覧くださいね。