高血圧に悪い食べ物

高血圧に悪い食べ物は何!?

高血圧,悪い食べ物

高血圧に悪い食べ物は何だと思いますか?

 

 

血圧が高いと感じている人の多くは、
どの食べ物が体に悪いのか把握されて
いるようです。

 

 

ただ、なかには知らず知らずのうちに
口にしている食べ物もあるかもしれません。

 

 

血圧が高めと指摘されたのであれば、
ぜひともそのような食べ物は避けたいですね。

 

 

高血圧を放置しておくと血管に大きな
負担がかかり、血管壁が硬くもろくなって
動脈硬化を引き起こします。

 

 

動脈硬化は、心筋梗塞や脳卒中など
深刻な病気を引き起こす原因になります。

 

 

だから、なるべくなら血圧に悪い食べ物は
口にしない方がいいのです。

 

 

ただ、わたしは3日で血圧を下げる食事療法と
いうものを親戚から教えてもらい実践しました。

 

 

するとどうでしょう?

 

 

あれほど血圧に悪い食べ物を意識していた時よりも
簡単に血圧が安定し始めたのです!

 

 

こんな事、今まで経験した事がないため
非常に驚いてしまいました。

 

 

ただ、この食事療法は血圧で悩みを持った
多くの人たちが実践し、嬉しい効果を
実感しているのです。

 

 

だから、血圧に悪い食べ物を避けるのではなく
血圧を下げる食事療法を活用して、
安定させる方が体や精神的に負担になりません。

 

 

そんな、有り難い方法がありますので、
興味のある方は

 

>>たった3日で血圧を下げる食事療法

 

を確認してみてください。

 

 

あ!

 

 

話が変わりましたが、
こちらで高血圧に悪い食べ物を
紹介していますので興味のある方は
どうぞご覧ください。

 

 

高血圧に悪い食べ物とは!?

高血圧,悪い食べ物

高血圧に良い食べ物といえないのが、
一般的に塩分を多く含んだ食品です。

 

 

塩分の摂りすぎは高血圧を悪化させてしまうので、
漬物や塩辛などは食べるのを避け、塩分の多い
ラーメンやうどんの汁なども、できるだけ飲まないようにしましょう。

 

 

てんぷらやフライ、ファーストフードや脂身の肉には、
脂質がたくさん含まれています。

 

 

摂りすぎた脂質はコレステロールとなり、血管壁に
付着して血管を詰まらせる原因になってしまいます。

 

 

脂質の多い食品は高血圧に良い食べ物では
ないので、過剰に摂取しないように気をつけましょう。

 

 

高血圧に悪い食べ物の例は、

 

・ラーメン

 

・明太子

 

・魚の干物

 

・漬物

 

・ハムやソーセージ

 

・天ぷら

 

・ファーストフード

 

・コンビニメニュー

 

・スナック菓子

 

といった内容だと思いますが、これらの
食べ物が一概に高血圧に悪い食べ物と
いう事ではありません。

 

 

要は食べ過ぎに注意した方が
良いという事です。

 

 

あと、直接関係はありませんが『アルコール』は、
つまみやご飯が食べたくなり肥満に繋がる
恐れがあります。

 

 

高血圧に肥満は大敵なので
飲みすぎもいけませんね。

 

 

また、動物性脂肪であるバターや肉の脂身ですが、
摂りすぎると血液中に悪玉コレステロールが
増えてしまい血液がドロドロになります。

 

 

血液がドロドロになると血管を通る時に
負担がかかってその結果血圧の上昇を
招くのです。

 

 

ファストフードやインスタント食品洋菓子や
アイスクリームに沢山含まれています。

 

 

どれも美味しくて食べたくなりますが
これがとても高血圧には悪い食べ物なのですね。

 

 

日ごろから意識して、高血圧に悪い食べ物を
選ばないのはもちろんですが、血圧に良い
生活を心がけるのも大切です。

 

 

もし、高血圧が気になっているのでしたら
3日で血圧を改善する方法を実践してみては
いかがでしょうか?

 

 

薬も苦しい運動も一切せずに、
たった3日で血圧を下げる事ができる
食事療法があるのです!

 

 

>>血圧を下げる食事療法の詳細

 

 

 

で紹介していますので、良かったらご覧くださいね。

 

高血圧の人に良い食べ物は?

 

高血圧を防ぐため良い食べ物として
あげられるのが、良質のタンパク質です。

 

 

血管はタンパク質から作られているので、
良質のタンパク質を十分に摂ることで
高血圧によってダメージを受けた血管を修復し、
しなやかな弾力を取り戻していくことができるのです。

 

 

しかし、タンパク質が豊富でも脂肪の多い
脂身の肉などはコレステロールを増やし
血管をドロドロにしてしまうので、
高血圧に良い食べ物とはいえません。

 

 

鶏のささ身や胸肉、魚、大豆、卵など脂質が
少なくアミノ酸が豊富なタンパク質を含む食品が、
高血圧対策に良い食べ物なのです。

 

 

また青魚に含まれるDHAやEPAは、血管壁を
柔らかくし血液の流れをスムーズにするので、イワシや
サバ、サンマやブリなども高血圧に良い食べ物だといえます。

 

 

このほかにも高血圧を防ぐために
良い食べ物として、カリウムをふくむ
食品があげられます。

 

 

カリウムはミネラルの一種で血圧や細胞の浸透圧を
コントロールし、血圧が高くなりすぎるのを抑えたり、
老廃物を体の外に排出する働きを持っています。

 

 

ですからカリウムが含まれた食品を日頃から
十分に摂ることで、高血圧対策をすることができます。

 

 

バナナやりんご、ほうれん草や里芋、納豆やひじきには
カリウムがたくさん含まれているので、高血圧の人に
良い食べ物です。

 

 

毎日の食事に、積極的に取り入れるように
心がけましょう。

 

 

しかしカリウムが豊富でも、果物やイモ類は
カロリーが高いものです。

 

 

摂りすぎると肥満の原因になり、高血圧を
悪化させてしまうので注意が必要です。

 

 

血圧に関する食べ物が気になっている方は
>>血圧を下げる食事療法の詳細
を確認してみてはいかがでしょうか。