高血圧とラーメン

高血圧の人がラーメンや塩分に気を付けてほしい理由とは!?

高血圧,ラーメン

あなたはラーメンや味の濃い食べ物が
好きではありませんか?

 

 

血圧に悪いと分かっていても
ラーメンやしっかり味のついた
食べ物は食べたくなってしまいます…。

 

 

誰でもそうだと思います。

 

 

食べてすぐに体に異変をきたすのであれば
食べるのを控えるかもしれません。

 

 

だから、美味しいものは
ついつい食べてしまうんですよね。

 

 

ただ、あなたもご存知のとおり
血圧が高い人は、ラーメンや塩分を控えた方が
良いと言われています。

 

 

しかし、多くの方が実践されている『ある方法』は
ラーメンなどの塩分も気にせずに血圧を
下げる事が可能です。

 

 

実は、わたしもその方法が気になっていたので
試してみたのですが・・・。

 

 

なんと、
たった1週間ほどで血圧が安定したのです!

 

 

その『ある方法』を紹介しているホームページでは、
最短3日で血圧を下げる事ができると紹介
されていました。

 

 

その『ある方法』は
>>たった3日で血圧を下げる食事療法
からご確認ください。

 

 

正直、半信半疑でしたが
効果を実感する事ができました!

 

 

 

ラーメンには塩分が多く含まれている!?

 

ラーメンにはスープ以外に、麺にも多くの
塩分を含んでいます。

 

 

『ラーメンはスープを飲んではいけない!』

 

 

というのは、間違いではありません。

 

 

しかし、麺を作るうえで味を調えるために
塩を使います。

 

 

だから、塩分の多いラーメンのスープを飲まなければ
高血圧に悪影響を与えないから大丈夫!
という事ではないのです。

 

 

麺・スープ共にラーメン自体が、血圧に悪い食べ物と
なるのです。

 

 

もし、血圧が高いと指摘されたけどラーメンくらいは
食べても大丈夫かも?と考えているのであれば、
注意が必要かもしれません。

 

我慢していたラーメンを食べる方法とは!?

 

血圧に悪い食べ物の代表でもあるラーメンですが、
時々無性に食べたくなるんですよね…。

 

 

でも、家族や医師から『食べてはいけません!』と
止められていて我慢している。

 

 

そんな悲しい思い出を持っている人もいるのでは
ないでしょうか。

 

 

ただ、

 

 

食べたくても食べられない

 

 

というストレスを抱えたままでは体にも血圧にも
悪い影響を与えかねません。

 

 

だから、どうしてもラーメンを食べたくなった時に
美味しく食べる工夫を紹介させて頂きます。

 

 

その工夫というのは、野菜を多めに具として
使うという事です。

 

 

実は、血圧を下げる効果が期待できる野菜が
あるのです。

 

 

例えば、ニンジンやホウレン草などです。

 

 

しかし、ラーメンの具としては使用できるもの
ばかりではないので、サイドメニューとして
サラダを食べるのもおすすめです。

 

 

血圧に効果が期待できる野菜と一緒にラーメンを
食べれば、ある程度気持ちも楽になるのでは
ないでしょうか。

 

 

といっても、ラーメンと野菜を食べたからといっても
高血圧を改善できるのではありません。

 

 

ちょっとした気休め程度なので安心はしない方が
良いかもしれません。

 

 

ただ、塩分を気にすることなく血圧を下げる食事療法が
あるとしたら試してみたいとは思いませんか?

 

 

この食事療法では、運動や塩分といった血圧を下げる
基本的な事、病院で指導されている事などとは
違う方法になります。

 

 

もし、高血圧に関する薬や色々な方法を試しているけど
思ったほど効果が実感できないと思っているのであれば
ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

そのラーメンや塩分を気にすることなくできる方法は

 

 

>>たった3日で血圧を下げる食事療法

 

 

で紹介されているので気になる方は
ご覧ください。

 

 

塩分過多が悪い理由 高血圧の人は要注意

 

 

国民食とも言えるほどに人気のラーメンですが、
高血圧の人には良くありません。

 

 

ラーメンが悪い理由は塩分がたくさん含まれるからです。
高血圧の人が知っておくべきラーメンの知識は
何があるのでしょうか。

 

 

悪い理由は塩分が多い事

 高血圧の人がラーメンを食べる時に最も問題になるのが
塩分が多い事です。

 

 

ラーメンには醤油、豚骨、塩、味噌など複数の種類が
ありますが、どれについても言える事はラーメン1杯当たりで
約5gの塩分が入っている事です。

 

 

これだけの塩分は量としては多いです。

 

もちろん、お店によっては作り方も違いがありますから
5gというのは目安になります。

 

 

また、お店でラーメンを食べる時だけではなくて
家でカップ麺を食べたりする時も同じくらいの塩分が
入っているのです。

 

 

日本高血圧学会のガイドラインでは1日当たりの
塩分の摂取量を6グラム未満にするように
勧めています。

 

 

またWHOにおいては1日で5gを推奨しています。

 

 

この理想の量を守りたいところです。

 

 

しかし、ラーメン1杯がおよそ5gの塩分量ですから
、1杯食べて他の塩分が入っている食品を食べるように
すぐにWHOが推奨する基準を超えます。

 

 

また日本高血圧学会のガイドラインが勧める6gにも
迫る勢いです。

 

 

高血圧の人にはラーメンが悪い理由は塩分が
多過ぎるからと言えます。

 

 

ではどうすればいいのでしょうか。

 

 

高血圧の人が心掛けるラーメンの食べ方

ラーメンは塩分が多過ぎるので食べ方には工夫が
必要です。

 

 

まずラーメンのスープは残しましょう。

 

 

ラーメンはスープにも麺にも塩分が入っています。

 

 

ですからラーメンを食べる時には麺を食べて残った
スープに関してはそのままにしておきましょう。

 

 

おいしいスープでも飲み干してはいけません。

 

 

またつけ麺タイプのラーメンも気を付けないといけません。

 

 

つけ麺タイプのスープは実は味が足りないと
感じる事がないように味付けを濃い目に作ります。

 

 

ですから高血圧の人にはつけ麺のスープは塩分が
多いのが悪い理由です。

 

 

したがって高血圧の人が塩分を控えるためには
つけ麺タイプよりは、普通のラーメンを食べてスープを
残す方が塩分過多になりません。

 

 

それから特に問題になるラーメンは豚骨味です。

 

 

豚骨ラーメンは動物性脂肪が入っていますが、
これらは中性脂肪やコレストロールなどの脂質を
増やしてしまいます。

 

 

それが高血圧に悪く影響します。

 

 

逆にいいラーメンは味噌味です。

 

 

味噌にも塩分は入っていますが、味噌には塩分の
吸収をおよそ30%程度を抑制できる成分が
含まれます。

 

 

そのため塩分の摂取量を抑制できるのです。

 

 

高血圧はいろいろな病気を引き起こす
恐ろしい病気です。

 

 

ラーメンが高血圧の人には悪い理由は
塩分が多い事です。

 

 

食べ方には工夫して自分の健康を守りましょう。